« ベイツガ | トップページ | ベイマツ »

スプルース

Spruce Spruce2q

名称・・・スプルース(スプルス)(Spruce)

その他呼び名・・・唐檜(トウヒ)(*1)、新榧(シンカヤ)、シトカスプルース(シトカトウヒ、米唐檜(ベイトウヒ)、アラスカ桧、コーストスプルース、イエロースプルース)、エンゲルマンスプルース(エンゲルマントウヒ、コロンビアスプルース、マウンテンスプルース、シルバースプルース)、ウェスタンホワイトスプルース(カナダトウヒ、シロトウヒ、ホワイトスプルース)

科目・・・マツ科トウヒ(Picea)属・常緑針葉樹・裸子植物

学名・・・Picea sitchensis (シトカスプルース)、
Picea engelmanni (エンゲルマンスプルース)、
Picea glauca (ウェスタンホワイトスプルース)

産地・・・北米大陸。
シトカスプルース:北米太平洋岸が中心。北はアラスカ州南部から南はカリフォルニア州北西部。
エンゲルマンスプルース:北米西部山岳地帯が中心。ロッキー山系をカナダから米国のアリゾナ州ニューメキシコ州のに分布。
ウェスタンホワイトスプルース:北米北部(特にカナダ西部)が中心。

色調・・・心材は帯黄淡紅白色、白色から淡い黄褐色。辺材は乳白色、白色から淡い黄褐色。

性質・・・木理:通直、辺心材の境目:不明瞭、肌目:緻密、硬さ:中庸、腐食耐久性(耐朽性):弱、磨耗耐久性:強

  • 気乾比重:0.35~0.46
  • 平均収縮率%(柾目方向):0.15
  • 平均収縮率%(板目方向):0.25
  • 曲げ強度MPa:70
  • 圧縮強度MPa:37
  • せん断強度MPa:7.4
  • 曲げヤング係数GPa:10.8

加工性・・・鋸挽(ノコビキ):容易、鉋掛(カンナガケ):中~多少問題あり、釘打保持力:弱、糊付接着性:良好、乾燥:容易、塗装性:注意

用途・・・造作材、建具、家具、合板
器具材、楽器材(ピアノの響板、バイオリンの甲板、ギターの表板など)、パルプ材、箱材、グライダーの骨組み、ボートのオールやマスト

価格・・・☆☆

  • 無節材(2000x210x34㎜)60万/㎥

メーカー・・・

一般流通サイズ・・・平割:24㎜、30㎜、34㎜

その他・・・スプルースにはシトカスプルースと、エンゲルマンスプルース、ウェスタンホワイトスプルースがある。アラスカのシトカ周辺の材が木目が細かく良材でアラスカ桧と呼ばれる。独立樹で生育していて、群生は稀でシトカ周辺のみ。広義のスプルースは40種類以上ものトウヒ属の樹木の総称で、シベリア大陸のホワイトウッド(北洋エゾ松)も同種で、スプルースと呼ばれる(*2)。

  • 【その他色調等】:仕上げは良好。光沢を持つ。斑の模様不鮮明。年輪はややはっきりする程度。材色は時間の経過と共にかなり濃色になるものもある。
  • 【その他性質等】:マツ科特有の脂(ヤニ)もほとんどなく、無味無臭の良材。弾力性がある。寸法の大きな材がとれる。シトカスプルースには次の特有の欠点あり。①胴打ち②ボタン模様(腐れ始めの部分で菌が模様を作った部分)③凍結(水分の氷結で出来る中割)④糠目(ぬかめ)(木目が詰み過ぎて健全な組織が圧迫され弱体化した材質部)⑤霜降り目(柾目に斜めに縞模様が出て髄線のような形の目形の模様が全面に出て汚らしく見える部分)⑥勲章材(成長が遅いために過熟して腐食が始まった部分)。
  • 【立木での性質等】:樹高は60~80mにも達する。ウェスタンホワイトスプルースは小さく、樹高30~50m程度。多くは日陰に生息する。

*:スプルースの中でいくつか種類にわかれていますが、シトカスプルース=米唐檜=アラスカ桧=コーストスプルース=イエロースプルースで、エンゲルマンスプルース=コロンビアスプルース=マウンテンスプルース=シルバースプルース、そしてウェスタンホワイトスプルース=カナダトウヒ=シロトウヒ=ホワイトスプルースのようです。
*1:唐檜というと、このスプルースではなく日本産のものもあるようです。
*2:「スプルース」というと欧州産のホワイトウッド(北洋エゾ松)を挙げている資料もありますが、ぼく個人のまわりでは北米産のトウヒ属の方を指すことが多いと思います。ここのスプルースも北米産のものを主体に取り上げています。

« ベイツガ | トップページ | ベイマツ »

②北米材」カテゴリの記事

C.造作材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スプルース:

« ベイツガ | トップページ | ベイマツ »